国語力が欲しい

わらじ履きすぎてるクズオタ

忍びの国を見ました。

また来ました

なんか書きたくなったので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忍びの国の自己満感想です

自己満なので批判は無しで

凄く上からです。

がっつりネタバレしてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとは初日に見たかったけれど

テストだったので次の週に。

 

ネタバレがちょいちょいTLで流れてきて目をつぶりました。

さとしくんの久々の映画

ちゃんと前売りまで買って見た映画は『デビクロの恋と魔法』以来でした。

それくらい楽しみにしてました。

 

 

でも、私は極度の歴史嫌い

高校の類型選択でも日本史か地理で地理を取った人です。

それくらい嫌いです。

年号とか苦手。

 

 

 

なので今回の『天正伊賀の乱』も何一つ知らなかった。

だから見てもちゃんと理解出来るのかなとかいろいろ不安がありました。

 

 

でもそんなこと無かったです。

とても理解しやすい内容だったかなって

私でも理解出来たので。

 

まあ、話している言葉が分からなかったりはしたけれど(古文も出来ない)大まかな内容は理解出来ました。

 

 

 

 

 

1番この映画で思ったことは

とても音楽がいいなと思いました。

最初から最後まで飽きることもなく楽しめたなって思いました。

 

音の使い方とかも凄くて、馬の足音が右から聴こえてきたりとかして

とても映画館で観ているからこその臨場感があったなととても感じました。

 

サントラがとても欲しくなりました。

 

もちろん主題歌も最高でした。

やっぱりとてもいい環境の『つなぐ』は最高だなって思いました。

音響が素晴らしい映画館。

CDでは聞き取れないような音も聞こえてきたりしてきてて、素晴らしかったです。

映画館で聴く価値とてつもなくあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

2つ目はストーリーです。

私が1番ぐっと来たところは

「川」をやる所です。

クライマックスに長い長い戦いのシーンを引き立てるために、最初にやってそのシーンがあったから繋がっている。的な感じがとてもよかったなと思いました。

そりゃ映画をつくることでは当たり前かもしれないけれど、あまり注目をしていなかったからこそとてもぐっと来たのかなって思います。

 

映画を見る時はいろいろな謎が散らばっていて2時間弱でストーリーを完結しなければならないけれどわかりやすくその謎を全て拾うことは出来ないからこそ何回もみて多くの謎を理解することができる。って事なんだなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、見ていた回では男の人が多かったかなって印象です。

やっぱり歴史の映画なので男の人も多くなるのかなって思いました。

 

 

 

 

とても長くなってしまったけれど

最終的には

 

もっかいみたい

 

って思いました。

 

 

あと、多くの人に見てもらいたいな

ととても思いました。

こんなにも歴史が嫌いな私でももっかいみたいって思わせれるので

自担の人はもちろん、他担の人も

ぜんぜん違う人も

歴史が好きな人も

私のように歴史が苦手な人でも

どんな人でも

見てほしいなってとても思いました。

 

 

 

もっと売れてほしい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めました。オタクになったいきさつ

とてつもなくなんとなくブログをやりたくなってはじめました。ほんとなんとなく

 

嵐さん、関ジャニ∞さん、高橋優くん、ぼくのりりっくのぼうよみくんのオタクしてます。

 

 

 

1発目何にしようかなと思った時やっぱりオタクになったいきさつじゃないかなと思いました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オタクの底なし沼にはまったのは

嵐さん。

遡ること7年前。2010年。

ほんとになんにも興味の無い小学生だったんです。まだピュアな心だった頃。

 

嵐さんは10周年を超えていい感じにメディアにも出てる時

私はこの時やっていた「はねるのトびら」の視聴者だったんです。

この時にやっていた「やや嵐」を好きになったんです。 ぜんぜん似てなくて面白いやつだったけど、私はぜんぜん本物を知らなかったけど面白いから見てた。 でもこんなに笑えるくらいかっこいい人なんだなと思って見て本物を知りたいとおもっていたら日テレの土曜10時「エンタの神様」が終わって悲しんでいた時「嵐にしやがれ」が始まった年だったんです。

見れる機会があってかっこいいなって思ってみてたら、部活動が始まったんです。当時小4だったので。そこでマーチングバンド部に入った時、1番最初にもらった楽譜が『マイガール』だったんです。

そこで曲を知りたいからってことでCDを買いに行ったんです。

この時私はシングルだけでいいと思ってたけどお母さんがアルバムを出してきたんです。

それが『僕の見ている風景

そこでアルバムを買っていたから今があると思うととてもいい選択をしたと思ってます。

そこからズブズブとハマっていきました。

ハマったら脚は速い。

気づけば7年目

 

 

 

ちなみに1番最初好きだったのは相葉さんでした。 まあ志村どうぶつ園出ててスタイルも良かったからって感じで顔ファンみたいな事言ってたかな。

 

 

リーダーに堕ちたのは2012年「鍵のかかった部屋」を見てから。

あの時のかっこよさは良すぎたのとこの時くらいに「魔王」もDVD借りて見てたからかなって思ってます。

 

 

 

ちなみにニノちゃんに堕ちたきっかけは「プラチナデータ

ほんとは映画見る予定は無かったけれど、原作を呼んでから面白くて見たくなったから。

ほんとに神楽さんがかっこよすぎて堕ちた。

この時には神楽さんかリュウどっち派みたいなのがあって、多くの人がリュウ派だったけれ私は完全に神楽さん派でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして嵐さんに堕ちてから4年後関ジャニ∞さんに堕ちるけどとても長いけど付き合って下さい。

 

 

まあなんとなくジャニーズに堕ちたら他のグループのこともなんとなくわかる的な感じでした。

嵐さんの番組に関ジャニ∞さんが出たりしてて。

特に多かったんじゃないかな。

この時は。

パッチの番宣にひみつの嵐ちゃん出たり。

1回目の24時間テレビの番宣で嵐にしやがれ出たり。(まるちゃんと錦戸さんがいない会)

エイトレンジャーの番宣で嵐にしやがれ出たり。 って感じで多く出てた気がするんです。

 

しかも、相葉さんのラジオをよく聞いていたのでファンでもない時からなんで村上信五はヒナと呼ばれていることも知ってたし、理由も知ってた。 だからこそいろいろ知っていた。

 

 

それで 第1次ブームが来るんです。

2012年の終わりごろ。

お母さんが何を思ったのか関ジャニ∞さんのDVDを買ってきたんです。

ほんとに突然。

多分お母さん「月曜から夜ふかし」見ていて気になったのかも。

 

買ってきたDVDは「FIGHT」通常版

でもこれを見ても響かなかった。

この時はまだ嵐さん一筋だったので他のグループを好きになるなんてって感じだったんです。 だからかな。響かなかったのは。

 

あとお母さんはすばちゃんの歌い方が好きに慣れなかったみたい。

 

 

そこから時はすぎて

2013年終わりごろ。

 

がっつりはハマってなかったけれどなんとなくに気になる的な感じでのんびりな応援をしてたんです。

「JUKE BOX」買ったりして。

 

その時に友だちからライブのチケット余ってるけどどう??なんで誘われました。

この年に初めてライブというものを体験してたし、行きたい!で行くことになりました。

 

席はそりゃ譲ってもらったものなので遠かったけれど遠くでも楽しませてくれる関ジャニ∞さん凄いなって思わせてくれて感激しました。

 

そこからはじわじわ〜と好きになったんですけど、 極めつけはあれかな。

 

 

2014年夏頃

そのチケットを譲ってもらった友達に「8EST」のA盤の「∞祭」のセンターは俺だ!の映像を見してもらって、その叩いてかぶってジャンケンポンのすばくらを見てて、こんなにも面白いんだ!ということに気づいてどっぷりはまりました。

 

沼は深かった。

底なし沼すぎる。

ちなみに一番最初の担当は大倉さんでした。

最初はメンバーカラー緑の人を好きになる傾向なのかな笑

今でも好きになった「関ジャニズム」辺りのビジュアルが大倉さんの中で一番好きです。

 

 

すばちゃんに堕ちたのは言わずとも「味園ユニバース

ほんとは映画見る予定無かったけれど、すばちゃんの映画なんでもう見れないかもしれないと思い見に行き、劇中での『古い日記』の歌声に圧倒されて沼に堕ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すっごく長くなっちゃった。

読んでくれた人ありがとうございます。

こんな感じでだらだらとやって行こうかなって思ってます。

なんとなく長文を書きたくなった時

ここに来ます。